虚実皮膜(読み)キョジツヒニク

デジタル大辞泉の解説

きょじつ‐ひにく【虚実皮膜】

《「きょじつひまく」とも》近松門左衛門芸術論で、の真虚構と現実との微妙なはざまにあるとするもの。穂積以貫(ほづみいかん)の聞き書きによるとされる「難波土産(なにわみやげ)」(三木平右衛門貞成著)の発端に紹介されている。

きょじつ‐ひまく【虚実皮膜】

きょじつひにく(虚実皮膜)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きょじつ‐ひにく【虚実皮膜】

〘名〙 (浄瑠璃作者近松門左衛門の芸術論で) 芸術は、虚構と事実との微妙な間にあるとするもの。穂積以貫の「難波土産‐発端」に「近松答曰〈略〉芸といふものは実と虚との皮膜の間にあるもの也〈略〉舞台へ出て芸をせば慰になるべきや。皮膜の間といふが此也。虚にして虚にあらず実にして実にあらずこの間に慰が有たもの也」と紹介され、日本文芸史における虚構論の先駆とされる。虚実ひまく。

きょじつ‐ひまく【虚実皮膜】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

虚実皮膜

(浄瑠璃作者近松門左衛門の芸術論で)芸術は、構と事実との微妙な間にあるとするもの。

[解説] 穂積以貫の「なに土産みやげ―発端」に「近松答曰〈〉芸といふものは実と虚との皮膜の間にあるもの也〈略〉舞台へ出て芸をせばになるべきや。皮膜の間といふが此也。虚にして虚にあらず実にして実にあらずこの間に慰が有たもの也」と紹介され、日本文芸史における虚構論の先駆とされます。「きょじつひまく」とも読みます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報