コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松村松年 まつむらしょうねん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松村松年
まつむらしょうねん

[生]明治5(1872).3.5. 兵庫
[没]1960.11.7. 東京
昆虫学者。札幌農学校卒業 (1895) 。東北帝国大学教授 (1907) 。北海道大学教授 (19) 。日本の昆虫学創始者。日本昆虫学会会長 (35,40,43~46) 。『日本昆虫大図鑑』『新日本線虫図解』など著書は多数。 1954年文化功労者に選ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まつむら‐しょうねん【松村松年】

[1872~1960]昆虫学者。兵庫の生まれ。和名の整理をするなど、日本の近代昆虫学の基礎を築いた。著「日本昆虫学」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

松村松年【まつむらしょうねん】

昆虫学者。兵庫県生れ。札幌農学校卒。のち同校教授を経て,北大教授。日本昆虫学初期の学者の一人で,昆虫専門の雑誌《インセクタ・マツムラーナ》を創刊。著書《日本昆虫学》は日本人の手になる最初の近代的昆虫学書であり,日本産昆虫に統一的な和名を付した意義は大きい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松村松年 まつむら-しょうねん

1872-1960 明治-昭和時代の昆虫学者。
明治5年3月5日生まれ。松村介石(かいせき)の弟。母校札幌農学校の助教授となり,ドイツ留学をへて,明治35年東北帝大農科大学(のち北海道帝大)教授。日本産昆虫の和名の命名法を創案するなど「日本昆虫学の祖」と称される。日本昆虫学会会長。昭和29年文化功労者。昭和35年11月7日死去。88歳。兵庫県出身。著作に「日本昆虫学」「昆虫分類学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まつむらしょうねん【松村松年】

1872‐1960(明治5‐昭和35)
昆虫学者。北海道大学名誉教授,日本学士院会員,文化功労者,理学・農学博士。兵庫県に生まれる。札幌農学校(北海道大学の前身)を卒業(1895)後,母校の教授をながく務め,多くの昆虫学専門家を育成した。松村は多数の論文および著書を著し,また欧文の昆虫分類学誌《Insecta Matsumurana》を編集,刊行した。その著《日本昆虫学》(1898)は日本人による近代昆虫学の最初の単行書であり,日本産昆虫の和名を統一および創案した意義は大きい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まつむらしょうねん【松村松年】

1872~1960) 昆虫学者。兵庫県生まれ。札幌農学校卒。ベルリン大学で昆虫学を修め、日本の近代昆虫学の基礎を築いた。著「日本昆虫学」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松村松年
まつむらしょうねん
(1872―1960)

昆虫学者。兵庫県明石町に生まれる。1895年(明治28)札幌農学校を卒業、翌年同校助教授となる。1907年(明治40)に東北帝国大学農科大学教授、1919年(大正8)には前記の農科大学が独立してできた北海道帝国大学教授となり、1934年(昭和9)退官し名誉教授、1950年(昭和25)学士院会員に推され、1954年には文化功労者に選ばれた。日本における昆虫学の先覚者で、昆虫全般にわたって研究を行い、多数の新種を記載発表したのみならず、『日本昆虫学』『大日本害虫全書』『昆虫分類学』『日本千虫図解』『日本通俗昆虫図説』『日本昆虫大図鑑』など多数の著書や啓蒙(けいもう)記事で昆虫学の普及に努めた。宗教家の松村介石(かいせき)は実兄にあたる。[中根猛彦]
『小西正泰解説『復刻 日本昆蟲学』(1984・サイエンティスト社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

松村松年の関連キーワードベルリン大学昭和時代