コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛膜 ヒマク

4件 の用語解説(飛膜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐まく【飛膜】

鳥以外の陸生の脊椎動物が滑空や飛行をするための皮膚のひだ。コウモリムササビヒヨケザルなどにみられ、前肢・体側・後肢にかけて膜状に発達。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひまく【飛膜】

脊椎動物が飛翔(ひしよう)したり滑空するとき,広げて使う皮膚の膜で,ふつう前肢から後肢,さらに後肢から尾にかけて張られる。真の飛翔に役だつのはコウモリと絶滅した翼竜(プテラノドンなど)の飛膜flying membraneで,翼竜では前足の第4指が長く伸び,そこから後肢にかけて膜が張られるが,コウモリでは前足の第2~第5指が長く伸び,それらの間,および第5指と後肢,さらに後肢と尾の間に膜が発達する。コウモリの飛膜は,薄い2層の皮膚からなるゴム状の膜で,その間には膜を縮める筋肉があり,使わないときは膜を小さく折りたたむことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひまく【飛膜】

鳥類以外の滑空または飛行を行う陸生脊椎動物の、主として前肢・体側・後肢にわたって張られた膜。コウモリ・モモンガ・ムササビなどに見られる。翼膜。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛膜
ひまく

鳥類を除く陸生脊椎(せきつい)動物にみられる、滑空あるいは飛行のために使われる膜状構造をいい、皮膚のひだとして発達した。滑空のための飛膜は哺乳(ほにゅう)類のムササビやモモンガ、ヒヨケザルなどにみられる。四肢と体側の間に皮膜があり、これで滑空し、尾によって方向を変えることもできる。コウモリの仲間の飛膜は、長く伸びた指骨と四肢、体側の間に張られていて、鳥の翼のように羽ばたいて飛ぶことができる。後肢と尾の間の膜が方向舵(だ)の働きをする。トビトカゲにも飛膜とよばれる構造が体側にあるが、これは体側に張り出した肋骨(ろっこつ)をつなぐ皮膚のひだであり、四肢とはつながっていない。[和田 勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛膜の関連キーワード原索動物後生動物呼吸器鳥類飛翔無脊椎動物触覚器官視覚器官水産動物微胞子虫目

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飛膜の関連情報