コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波土産 なにわみやげ

4件 の用語解説(難波土産の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

難波土産
なにわみやげ

江戸時代中期の浄瑠璃評釈書。5巻5冊。三木平右衛門貞成 (蘭皐) 著。元文3 (1738) 年刊。角書 (つのがき) は「浄瑠璃文句評註」。『御所桜堀川夜討』『お初天神記』『安倍宗任松浦きぬがさ』『北条時頼記』『大内裏大友真鳥』『国性爺合戦』『苅萱桑門筑紫 (かるかやどうしんつくしのいえづと) 』『芦屋道満大内鑑』『大塔宮曦鎧 (おおとうのみやあさひのよろい) 』の9編の評注で,名題の解説,本文中の辞句の説明と評,総評などを掲載。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なにわみやげ〔なにはみやげ〕【難波土産】

浄瑠璃注釈書。5巻。三木貞成著。元文3年(1738)刊。義太夫節9曲に注釈・批評を加えたもの。穂積以貫の筆とされる近松門左衛門の聞き書き「虚実皮膜論(きょじつひにくろん)」を収める。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なにわみやげ【難波土産】

浄瑠璃の語句に関する最初の評釈書。著者は穂積以貫とも,備前岡山の三木平右衛門ともいう。1738年(元文3)1月刊。5巻。《国性爺合戦(こくせんやかつせん)》《蘆屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)》など9編の浄瑠璃の語釈を記し,必要に応じて文句に対する批評を述べたもの。しかし,本書の価値は発端の部分に収められた近松門左衛門聞書にある。〈芸といふものは実と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの也。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なにわみやげ【難波土産】

演劇書。五巻。三木貞成著。1738年刊。穂積以貫によるとされる近松門左衛門の聞き書き「虚実皮膜論きよじつひにくろん」所収で有名。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の難波土産の言及

【近松門左衛門】より

…そしてそれは〈正根なき木偶(にんぎよう)〉に〈情(じよう)〉をもたせるような文句を発明するということでもあった。これら近松の芸論に類するものは浄瑠璃評釈書《難波土産》(1738)によって知られるが,そこには有名な〈虚実皮膜(ひにく)の論〉なども書きとめられている。 近松は作者となったが,それは武士の家に出て,賤視されていた芝居者の世界に身を投じることによってであった。…

※「難波土産」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone