盈(漢字)

普及版 字通 「盈(漢字)」の読み・字形・画数・意味


9画

[字音] エイ
[字訓] みちる

[説文解字]
[その他]

[字形] 会意
(えい)+皿(べい)。〔説文〕五上に「に滿つるなり」とするが、器に満つるものが何であるかを説くところがない。〔説文〕は(こ)を益多の義としている。〔慧琳音義〕に引く〔説文〕に、盈を声とするが、声義ともに合わない。は人の坐して、膝のもりあがる盈満の象。皿は盥盤(かんばん)の形。その中に坐して浴し、太れるような形でもりあがる。ゆえに盈満の意となる。

[訓義]
1. みちる、みたす、あふれる。
2. みちたりる、おおい。
3. と通じ、うつくしい。
4. と通じ、あまる。

[古辞書の訓]
名義抄〕盈 ミツ・オホシ

[声系]
〔説文〕に盈声として楹・の二字を収める。みな、ゆたかにふくらむ意がある。

[語系]
盈・jiengは同声、通用する。jiekは声義近く、盈満して水がれることをいう。

[熟語]
盈悪・盈案・盈盈盈盈衍盈厭盈臆・盈貫盈虧盈几盈掬・盈虚・盈欠・盈座盈爵盈縮盈昃・盈進盈仞・盈世・盈盛・盈積・盈尺盈羨盈塞・盈多・盈庭盈抱・盈満・盈裕盈余盈容・盈利
[下接語]
衍盈・貫盈・虧盈・久盈・虚盈・驕盈・持盈・充盈・憤盈・満盈

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android