コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益山弥勒寺址 えきさんみろくじしIksan Mirǔksa-ji

1件 の用語解説(益山弥勒寺址の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

益山弥勒寺址
えきさんみろくじし
Iksan Mirǔksa-ji

大韓民国(韓国)南西部,チョルラプク(全羅北)道北部,益山市金馬面箕陽里にある寺院址。『三国史記』や『三国遺事』に弥勒寺の名がみえ,寺は百済の武王代(600~641)の創建。寺址の東西に三塔三金堂式伽藍を並べた形式で,西側に花崗岩を用いた 14.24mの巨大な石塔が 6層まで残っていたが,2000年に復元作業のため解体された。石塔の屋蓋は薄い板石を組み合わせたもので,両端でゆるやかなそりを見せ,百済石塔の始源形式を伝えている(→朝鮮石塔)。2015年世界遺産の文化遺産に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone