コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮石塔 ちょうせんせきとう

1件 の用語解説(朝鮮石塔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮石塔
ちょうせんせきとう

石塔の国といわれる朝鮮 (韓国) では,各時代,各種の 1000基余の石塔が山野に散在する。石塔は7世紀初頭に在来の木造塔を祖型として発生し,百済を先駆として新羅によって完成された。百済最古の石塔は益山弥勒寺址石塔で,3間四方の木造塔を模し,朝鮮石塔の始源形式を伝える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝鮮石塔の関連キーワード韓国積塔離散家族芬皇寺址狗邪韓国外国人登録者数韓国籍と朝鮮籍白頭山(長白山)月精寺世界テコンドー連盟

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone