コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥勒寺 みろくじ

世界大百科事典 第2版の解説

みろくじ【弥勒寺】

東京都墨田区にある真言宗豊山派の寺。山号は万徳山。本尊薬師如来は川上薬師とよばれ,霊像として知られる。1610(慶長15)僧宥鑁(ゆうばん)が創建。はじめ小石川鷹匠町,ついで日本橋馬喰町にあったが,たびたび火災にあい,深川の地を経て,1689年(元禄2)に現在地に移る。徳川綱吉の帰依によって寺領100石を賜り,新義真言宗の触頭,江戸四ヵ寺の一つとして栄えた。【速水 侑】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弥勒寺
みろくじ

群馬県沼田市上発知(かみほっち)町にある曹洞(そうとう)宗の寺。詳しくは迦葉山龍華院(かしょうざんりゅうげいん)弥勒護国禅寺という。本尊は観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)。848年(嘉祥1)桓武(かんむ)天皇の第三皇子であった葛原(かつらはら)親王が上野(こうずけ)国(群馬県)の国守であったとき、領民安穏祈願のために慈覚(じかく)大師円仁(えんにん)を開基として建立。1456年(康正2)天巽慶順の代に天台宗から曹洞宗に改宗した。のち徳川家康によって幕府祈願所となり、慶順によって相模(さがみ)(神奈川県)大雄山最乗寺(さいじょうじ)から将来された天狗(てんぐ)(道了尊(どうりょうそん))の信仰によって、高尾山、栃木県古峯原(こぶがはら)とともに関東三天狗の一つとして広く崇拝されてきた。寺域は山の斜面にあり、山門、仏殿、中峯殿、迦葉堂、開山堂、鐘楼、朱雀(すざく)門などが建ち並んでいる。[菅沼 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

弥勒寺の関連キーワード円空(1632~95)八幡宇佐宮御託宣集弥勒寺官衙遺跡群岐阜県関市池尻弥勒寺官衙遺跡岩井(鳥取県)宇佐神宮境内石清水八幡宮三重県名張市迦葉山天狗面益山弥勒寺址美濃弥勒寺址宇佐弥勒寺址関市円空館国東(市)丸山古窯跡弥勒寺跡国東半島六郷満山関(市)

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弥勒寺の関連情報