コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盗魚 ぬすみうお

1件 の用語解説(盗魚の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぬすみうお【盗魚】

漁労に従事する網子や水手(かこ)が,親方や舟主の目をかすめてとれた魚の一部を盗む習慣。親方もこれを半ば黙認した。九州一円では,これをカンダラ,カンダロなどといい,山口県ではトウスケ,関東ではドウシンボウ,東北の太平洋沿岸ではモスケなどと呼んでいる。網漁業のように組織化された漁労形態に多くうかがうことができ,特定の舟主による漁業の私有化と,これに参加する漁民の漁獲物への共有意識の間に現出した習慣とも考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

盗魚の関連キーワード網子漁船ソーシャルワーカー勤労奉仕鉱夫水夫水手漁夫水上生活定年帰農

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone