コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網漁業 アミギョギョウ

デジタル大辞泉の解説

あみ‐ぎょぎょう〔‐ギヨゲフ〕【網漁業】

網を使って魚をとる漁業総称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あみぎょぎょう【網漁業】

網漁業とは,いうまでもなく漁網を用いて魚を捕る漁業一般をいうが,漁獲技術における位置づけについては〈漁労文化〉の項目に譲り,ここでは日本における漁業の歴史の概観に限定する。 日本の漁業が産業の一部門と認められるまでに発達したのは江戸時代以降のことである。とくに江戸時代中期以降かなり急速に発達し,幕末期までに代表的な沿岸漁業が出そろい,そのまま明治期に持ち越された。その漁業生産を担った漁具は漁網,釣具,特殊漁具に三大別できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の網漁業の言及

【網人】より

…網漁業を主として行う海民の呼称。1090年(寛治4),鴨御祖社領近江国堅田御厨(堅田)の網人が,網2帖の課役を免除され,安曇川にまで行って漁をしていたといわれ,91年ごろ,同じ鴨社領摂津国長渚御厨の網人が讃岐国まで往返して網を引き,供祭人と称して濫妨したと讃岐国司から訴えられているのが早い例である。…

【漁業】より

…またこの中世期に漁業生産の発展は,地域的拡大と漁業技術の発達という両面でさらに進められた。すなわち,はじめ畿内やその周辺が主であった漁業生産はかなり地域的に広がったし,中世末期には江戸時代に開花する大型網漁業が,伊豆,陸前,越中,九州など各地に姿を現しはじめたことが知られている。
【近世における漁業の発展】
 漁業が名実ともに一つの産業といえるまでに発達したのは,江戸時代に入ってからである。…

※「網漁業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

網漁業の関連キーワード中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)山口県熊毛郡上関町パツクアロ[湖]フィッシュポンプ大・中型巻網漁業ソサン(瑞山)郡器械根さざえ平田 未喜三外房イセエビ奥村 又十郎波崎[町]九十九里浜新上五島町網元・網子芦北・蘆北浅海 友市和島 貞二グルクン遠洋漁業和島貞二

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

網漁業の関連情報