網子(読み)あみこ

精選版 日本国語大辞典「網子」の解説

あみ‐こ【網子】

〘名〙 漁の際、網を引く者。網漁の経営者である網元労力を提供し、実際の漁労に従う者。網元は多く、村の有力者なので、強い隷属関係に置かれていることが多かった。あご。おご。⇔網元
浄瑠璃・浦島年代記(1722)一「浦手の網子数十人」

あ‐ご【網子】

〘名〙 (「あ」は、網の意)
網引きの共同作業に従事する者。地引き網を引く人。あみこ。あんご。
※万葉(8C後)三・二三八「大宮の内まで聞ゆ網引すと網子(あご)調ふる海人の呼び声」
漁師。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「網子」の解説

網子
あみこ

網元(網親)に従属して、その指導、指揮のもとに漁労に携わる人のこと。多人数を必要とする網漁業に存在し、単に漁夫を意味するカコ、フナカタなどとは異なる。

[野口武徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「網子」の解説

あみ‐こ【網子】

魚をとる網を引く漁師。また主として江戸時代に、網主(網元)に雇われ、漁業に従事した者。あご。あんご。

あ‐ご【網子】

網を引く人。あみこ。
網引あびきすと―ととのふる海人あまの呼び声」〈・二三八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「網子」の解説

網子
あみこ

網元のもとで,その労力を提供し,実際の漁労に従事するもの。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の網子の言及

【網元】より

…82年海上郡の一報告によると,地引網一式(漁船を含む)代が大地引網で6000円,中地引網で4600円,小地引網で2600円ほどであった。網元となるには,ほかに水夫(網子)前貸金として約1000円ぐらい必要であったという。だから網元は普通石高所持も大きく,また名主や酒造家などの有力者であった。…

【船元】より

…江戸時代,網漁,釣漁で網,漁船等を提供した漁業経営者をいう。これに対し雇われて乗り組む漁民を網子,釣子,船方などと呼んだ。能登半島東岸(石川県)鳳至(ふげし)郡藤波のブリ台網漁の場合,総百姓持の2漁場を上下両網組が隔年交替で操業,各網組ではそれぞれ持高に応じて持株の割当てをうけた百姓が,持株にしたがって労力,資力を提供し,収益の配分をうけるしくみであった。…

※「網子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報