コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網子 アゴ

デジタル大辞泉の解説

あ‐ご【網子】

網を引く人。あみこ。
「網引(あび)きすと―ととのふる海人(あま)の呼び声」〈・二三八〉

あみ‐こ【網子】

魚をとる網を引く漁師。また主として江戸時代に、網主網元)に雇われ、漁業に従事した者。あご。あんご。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あみこ【網子】

網元(網主)に労力を提供し、実際に網漁業に従事する者。あご。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

網子
あみこ

網主・網子」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

網子
あみこ

網元(網親)に従属して、その指導、指揮のもとに漁労に携わる人のこと。多人数を必要とする網漁業に存在し、単に漁夫を意味するカコ、フナカタなどとは異なる。[野口武徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の網子の言及

【網元】より

…82年海上郡の一報告によると,地引網一式(漁船を含む)代が大地引網で6000円,中地引網で4600円,小地引網で2600円ほどであった。網元となるには,ほかに水夫(網子)前貸金として約1000円ぐらい必要であったという。だから網元は普通石高所持も大きく,また名主や酒造家などの有力者であった。…

【船元】より

…江戸時代,網漁,釣漁で網,漁船等を提供した漁業経営者をいう。これに対し雇われて乗り組む漁民を網子,釣子,船方などと呼んだ。能登半島東岸(石川県)鳳至(ふげし)郡藤波のブリ台網漁の場合,総百姓持の2漁場を上下両網組が隔年交替で操業,各網組ではそれぞれ持高に応じて持株の割当てをうけた百姓が,持株にしたがって労力,資力を提供し,収益の配分をうけるしくみであった。…

※「網子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

網子の関連キーワード整える・調える・斉える豆州内浦漁民史料フジコ ヘミング大川四郎左衛門万祝・大漁旗釜鳴屋平七網元・網子しろわけ萬祝長着岡集落網引き労力漁村大宮魚見津元子方船元盗魚村落

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

網子の関連情報