目覚め(読み)メザメ

デジタル大辞泉の解説

め‐ざめ【目覚め】

眠りから覚めること。「快い目覚め
ひそんでいたものが働きだすこと。「自我の目覚め
本心に立ち返ること。「良心の目覚め

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めざめ【目覚め】

めざめること。 朝の-
ひそんでいた本能や能力がはたらき始めること。 性の-
迷いから立ち直ること。また、自覚すること。 民族意識の-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の目覚めの言及

【意識】より

…その際,〈受動的総合〉といった概念の導入によって,総合と事実上の自己意識の諸段階との調和が図られているのは,一つの前進と言える。【滝浦 静雄】
[意識障害consciousness disturbance]
 医学的には,意識は〈通常目覚めていて,外界から与えられた刺激を正しく認識して適切な行動に関連づけていく諸過程を維持する機能の全体〉と定義される。この機構は大きく2段階に分けることができる。…

※「目覚め」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目覚めの関連情報