目覚める(読み)メザメル

デジタル大辞泉の解説

め‐ざ・める【目覚める】

[動マ下一][文]めざ・む[マ下二]
眠りからさめる。目が覚める。「朝早くに―・める」
感情・知覚・本能など、ひそんでいたものが働きだす。「仕事への意欲に―・める」「性に―・める」
迷いが消え去って本心に立ち返る。「から―・める」「現実に―・める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めざめる【目覚める】

下一 [文] マ下二 めざ・む
眠りから覚める。 物音に-・める
活動していなかったものや鈍っていたものがはたらき始める。 性に-・める 町が-・める
今まで見すごしていた物事の、価値や必要性に気づく。 学問に-・める
好ましくない状態から本来の自分に立ち返る。自覚する。 現実に-・める

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目覚めるの関連情報