コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起(こ)す オコス

1件 の用語解説(起(こ)すの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おこ・す【起(こ)す】

[動サ五(四)]
横になっているものを立たせる。「からだを―・す」「倒木を―・す」「転んだ子を―・す」
目を覚まさせる。「寝入りばなを―・される」
今までなかったものを新たに生じさせる。「風力を利用して電気を―・す」「波を―・す」
新しく物事を始める。興す。「事業を―・す」

㋐自然が働きや動きを示す。「噴火を―・す」「地滑りを―・す」
㋑平常と異なる状態や、好ましくない事態を生じさせる。ひきおこす。「革命を―・す」「事故を―・す」
㋒静かな状態を刺激して、ある影響をもたらす。「ブームを―・す」
ある感情・欲望を生じさせる。また、からだの働きがある状態を示す。「やる気を―・す」「里心を―・す」「拒絶反応を―・す」「食中毒を―・す」
表面に現れるようにする。
㋐土を掘り返す。「畑を―・す」
㋑へばりついている状態のものをはがす。「芝を―・す」「敷石を―・す」
㋒伏せてあるカード・花札などをめくって表を出す。
㋓隠されていた状態から表に出す。「伏せ字を―・す」
速記や録音の音声などを文字化する。また、文章を書いたり文書を作ったりする。「講演の録音を原稿に―・す」「稿を―・す」「伝票を―・す」
[可能]おこせる
[下接句]願(がん)を起こす事を起こす甚助(じんすけ)を起こす寝た子を起こす身を起こす虫を起こす

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

起(こ)すの関連キーワード飽かす臥す逆立つ穿り出す取落す取崩す取離す引起す引剥がす振出す

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone