コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起(こ)す オコス

1件 の用語解説(起(こ)すの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おこ・す【起(こ)す】

[動サ五(四)]
横になっているものを立たせる。「からだを―・す」「倒木を―・す」「転んだ子を―・す」
目を覚まさせる。「寝入りばなを―・される」
今までなかったものを新たに生じさせる。「風力を利用して電気を―・す」「波を―・す」
新しく物事を始める。興す。「事業を―・す」

㋐自然が働きや動きを示す。「噴火を―・す」「地滑りを―・す」
㋑平常と異なる状態や、好ましくない事態を生じさせる。ひきおこす。「革命を―・す」「事故を―・す」
㋒静かな状態を刺激して、ある影響をもたらす。「ブームを―・す」
ある感情・欲望を生じさせる。また、からだの働きがある状態を示す。「やる気を―・す」「里心を―・す」「拒絶反応を―・す」「食中毒を―・す」
表面に現れるようにする。
㋐土を掘り返す。「畑を―・す」
㋑へばりついている状態のものをはがす。「芝を―・す」「敷石を―・す」
㋒伏せてあるカード・花札などをめくって表を出す。
㋓隠されていた状態から表に出す。「伏せ字を―・す」
速記や録音の音声などを文字化する。また、文章を書いたり文書を作ったりする。「講演の録音を原稿に―・す」「稿を―・す」「伝票を―・す」
[可能]おこせる
[下接句]願(がん)を起こす事を起こす甚助(じんすけ)を起こす寝た子を起こす身を起こす虫を起こす

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone