起す(読み)オコス

デジタル大辞泉「起す」の解説

おこ・す【起(こ)す】

[動サ五(四)]
横になっているものを立たせる。「からだを—・す」「倒木を—・す」「転んだ子を—・す」
を覚まさせる。「寝入りばなを—・される」
今までなかったものを新たに生じさせる。「風力を利用して電気を—・す」「波を—・す」
新しく物事を始める。興す。「事業を—・す」

㋐自然が働きや動きを示す。「噴火を—・す」「地滑りを—・す」
㋑平常と異なる状態や、好ましくない事態を生じさせる。ひきおこす。「革命を—・す」「事故を—・す」
㋒静かな状態を刺激して、ある影響をもたらす。「ブームを—・す」
ある感情・欲望を生じさせる。また、からだの働きがある状態を示す。「やる気を—・す」「里心を—・す」「拒絶反応を—・す」「食中毒を—・す」
表面に現れるようにする。
㋐土を掘り返す。「畑を—・す」
㋑へばりついている状態のものをはがす。「を—・す」「敷石を—・す」
㋒伏せてあるカード・花札などをめくって表を出す。
㋓隠されていた状態から表に出す。「伏せ字を—・す」
速記録音の音声などを文字化する。また、文章を書いたり文書を作ったりする。「講演の録音を原稿に—・す」「稿を—・す」「伝票を—・す」
[可能]おこせる
[下接句]がんを起こす事を起こす甚助じんすけを起こす寝た子を起こす身を起こす虫を起こす
[類語](1引き起こす起きる佇む立ち尽くす突っ立つ立つ起立立てる起き上がる立ち上がる直立仁王立ち棒立ち/(2起床離床寝覚め目覚め寝起き朝起き早起き起きる目覚める覚醒かくせいする目を覚ます目が覚める覚める覚ます/(4始める開けるひら創始する開業する始業する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android