コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起きる オキル

2件 の用語解説(起きるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

お・きる【起きる】

[動カ上一][文]お・く[カ上二]
横になっていたものがからだを起こす。立ち上がる。「転んでもすぐ―・きる」
眠りから覚める。また、目を覚まして床(とこ)を離れる。「毎朝五時に―・きる」
寝ないでいる。目をさましている。「明け方まで―・きていた」
何事かが発生する。起こる。「事故が―・きてからでは遅い」「混乱が―・きる」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おきる【起きる】

( 動上一 ) [文] カ上二 お・く
横になっているものや傾いているものが立つ。起き上がる。 「ころんだが、すぐ-・きてまた走り出した」 「ベッドの上に-・きて食事ができるようになった」 「倒れた稲が-・きた」
目を覚まして寝床から出る。 「毎朝六時には-・きる」
目をさます。目覚める。 「大きな声をだすと赤ん坊が-・きてしまう」
眠らないでいる。 「毎晩一二時までは-・きています」
事件や事態などが生じる。起こる。 「大地震が-・きた」 「奇跡が-・きる」 「火災が-・きる」 〔 (1) 上代からの語。「おこす」に対する自動詞。 (2) 「起きる」と「起こる」の違いについて。新しい現象・事件が生起することについては、本来は「起こる」を用いる。国家・事業についても「おこる」と言うが、古めかしい言い方で、表記も「興る」と書くのが普通。今では新しい現象・事件の生起について「起きる」を使うのが優勢になっている〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

起きるの関連情報