コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起きる オキル

2件 の用語解説(起きるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

お・きる【起きる】

[動カ上一][文]お・く[カ上二]
横になっていたものがからだを起こす。立ち上がる。「転んでもすぐ―・きる」
眠りから覚める。また、目を覚まして床(とこ)を離れる。「毎朝五時に―・きる」
寝ないでいる。目をさましている。「明け方まで―・きていた」
何事かが発生する。起こる。「事故が―・きてからでは遅い」「混乱が―・きる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おきる【起きる】

( 動上一 ) [文] カ上二 お・く
横になっているものや傾いているものが立つ。起き上がる。 「ころんだが、すぐ-・きてまた走り出した」 「ベッドの上に-・きて食事ができるようになった」 「倒れた稲が-・きた」
目を覚まして寝床から出る。 「毎朝六時には-・きる」
目をさます。目覚める。 「大きな声をだすと赤ん坊が-・きてしまう」
眠らないでいる。 「毎晩一二時までは-・きています」
事件や事態などが生じる。起こる。 「大地震が-・きた」 「奇跡が-・きる」 「火災が-・きる」 〔 (1) 上代からの語。「おこす」に対する自動詞。 (2) 「起きる」と「起こる」の違いについて。新しい現象・事件が生起することについては、本来は「起こる」を用いる。国家・事業についても「おこる」と言うが、古めかしい言い方で、表記も「興る」と書くのが普通。今では新しい現象・事件の生起について「起きる」を使うのが優勢になっている〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

起きるの関連キーワード熾きる起く怖じる避く尽きる寝起く跳ね起きる聞飽きる飛起きる燃尽きる

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

起きるの関連情報