コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直中・只中 ただなか

大辞林 第三版の解説

ただなか【直中・只中】

まんなか。 「群衆の-に割り込む」
真っ最中。 「争いの-に割って入る」
最もすぐれていること。随一。代表。 「当世女の-、広い京にも又有べからず/浮世草子・五人女 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

直中・只中の関連キーワード浮世草子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android