コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室町通 むろまちどおり

百科事典マイペディアの解説

室町通【むろまちどおり】

京都市中を南北に走る通りで,平安京開設時に開かれた室町小路にほぼ該当。1378年足利義満はこの通りに面する一画に〈花の御所(室町殿)〉とよばれる新第(てい)を造営,そのため一つの通りの名が室町時代という一つの時代を画する呼称にまでなった。
→関連項目京都[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

室町通
むろまちどおり

京都市街を南北に通ずる街路で、烏丸(からすま)通の一筋西を走る。1378年(天授4・永和4)足利(あしかが)3代将軍義満(よしみつ)は、一条大路以北に「花の御所」とよばれた室町殿を造営した。現在、二条通付近から東本願寺付近までは織物問屋が集中している。この問屋街は西陣織(にしじんおり)機業の発展に伴って発達し、全国絹織物取引の3分の1を占めるといわれる。また祇園祭(ぎおんまつり)の鉾(ほこ)町の中心をなしている。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

室町通の関連キーワード京都府京都市下京区八百屋町京都府京都市下京区大黒町京都府京都市下京区山王町京都府京都市上京区近衛町山本利兵衛(3代)京都芸術センターロマンス小杉ムーンバット京都(市)染・清流館室町幕府衣棚通り織田武雄三井高平南蛮寺花御所立入氏ウライ西陣焼三条通

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

室町通の関連情報