コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直木孝次郎 なおき こうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

直木孝次郎 なおき-こうじろう

1919- 昭和後期-平成時代の日本史学者。
大正8年1月30日生まれ。大阪市立大,岡山大,相愛大,甲子園短大の教授を歴任専攻古代史続日本紀(しょくにほんぎ)研究会の創設に参加,律令国家の成立過程を研究。古代大阪の歴史的研究と難波宮跡保存運動などで平成元年大阪文化賞。16年井上靖文化賞。兵庫県出身。京都帝大卒。著作に「日本古代の氏族と天皇」「日本古代国家の成立」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

直木孝次郎の関連キーワード天智天皇(てんじてんのう)三種の神器(宝物)大神高市麻呂若桜部五百瀬続日本後紀隠首・括出和珥部君手王朝交替論天津久米命浮浪・逃亡大津皇子大伴吹負仁徳天皇日本後紀奈良時代大友皇子神功皇后天武天皇村国男依朴井雄君

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android