相互主観性(読み)ソウゴシュカンセイ

  • そうごしゅかんせい サウゴシュクヮンセイ
  • そうごしゅかんせい〔サウゴシユクワンセイ〕

大辞林 第三版の解説

自我だけでなく他我をも前提にして成り立つ共同化された主観性。フッサールなど現象学派を中心に研究され、知識や科学・文化などは、これを根底に成立する。間主観性。共同主観性。 → 共同存在

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (Intersubjektivität の訳語) フッサールら現象学派の用語。一個の主観を超えて多数の主観に共通すること。間主観性。共同主観性。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android