コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相田二郎 あいだ にろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相田二郎 あいだ-にろう

1897-1945 昭和時代前期の古文書学者。
明治30年5月12日生まれ。大正12年母校東京帝大の史料編纂(へんさん)所にはいり,昭和8年史料編纂官となる。「大日本古文書」の編修従事。母校をはじめ大正大,広島文理大などで講義した。没後,「日本の古文書」が刊行された。昭和20年6月22日死去。49歳。神奈川県出身。著作に「中世関所」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

相田二郎の関連キーワード宛行状(あておこないじょう)異国警固番役相田 二郎史料編纂所武家様文書安達盛宗金沢実政間宮士信安堵状裁許状元寇挙状津料公験

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android