コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相田二郎 あいだ にろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相田二郎 あいだ-にろう

1897-1945 昭和時代前期の古文書学者。
明治30年5月12日生まれ。大正12年母校東京帝大の史料編纂(へんさん)所にはいり,昭和8年史料編纂官となる。「大日本古文書」の編修従事。母校をはじめ大正大,広島文理大などで講義した。没後,「日本の古文書」が刊行された。昭和20年6月22日死去。49歳。神奈川県出身。著作に「中世関所」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

相田二郎の関連キーワード宛行状(あておこないじょう)異国警固番役武家様文書史料編纂所相田 二郎間宮士信安達盛宗金沢実政裁許状安堵状元寇挙状公験津料