コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相良清兵衛 さがら せいべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相良清兵衛 さがら-せいべえ

1568-1655 織豊-江戸時代前期の武士。
永禄(えいろく)11年生まれ。犬童(いんどう)頼安の子。肥後(熊本県)相良氏の執政。対抗勢力の深水(ふかみ)氏一族を慶長の役のさなかに一掃。関ケ原の戦いでは東軍への寝返り策をとり,藩主相良長毎(ながつね)に賞されたが,寛永17年その専横を次の藩主頼寛が幕府にうったえたため陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩預けとなった。明暦元年7月12日死去。88歳。名は頼兄(よりもり)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さがらせいべえ【相良清兵衛】

1567‐1655(永禄10‐明暦1)
安土桃山・江戸初期の肥後人吉藩重臣。名は頼兄(よりもり),本姓は犬童(いんどう)。父は頼安。犬童氏は相良家譜代の重臣。文禄期に家老職につき,朝鮮の役中に反対派の家老深水氏を追放し,独裁的存在となる。関ヶ原の戦では東軍への寝返り策によって相良氏を救い,その権勢は藩主を凌駕(りようが)した。藩政を専断し,藩主の地位をも侵すこととなり,ついに1640年(寛永17)藩主頼寛は彼の横暴を幕府に提訴した。その結果,弘前藩預の身となり配所にて死亡。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

相良清兵衛の関連キーワード相良頼兄

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android