深水(読み)フカミズ

デジタル大辞泉の解説

ふか‐みず〔‐みづ〕【深水】

切り花を長持ちさせる方法の一。花が水につからないよう紙でくるむなどして、茎をたっぷりの水に1時間ほどつけるもの。水を吸い上げにくい植物に用いる。→湯揚げ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐すい【深水】

〘名〙 深い水。水中の底深いところ。
※新撰朗詠(12C前)上「之を深水に及せば則ち文漪動いて紫鱗騰る〈都良香〉」
※源平盛衰記(14C前)二八「海漫漫として、〈略〉雲の波煙(はえん)の波に紛れつつ、深水(シンスイ)最幽なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

深水の関連情報