コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相良氏 さがらうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相良氏
さがらうじ

藤原南家の出。天永3 (1112) 年,周頼が遠江国榛原郡相良荘に住みついたのが始り。鎌倉幕府の成立で6代目長頼が肥後国球磨郡人吉荘地頭職に補任されて以来,肥後国南半に勢力を伸ばし,戦国大名となる。関ヶ原の戦いで徳川方に属し,人吉藩を形成。明治にいたって子爵。 (→相良家法度 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さがらうじ【相良氏】

遠江出身の中・近世武家。鎌倉時代,肥後国人吉荘等の地頭となる。近世には人吉藩主。藤原南家乙麻呂流で,伊豆の豪族伊東氏や工藤氏と同族。平安後期周頼が遠江国佐野郡相良荘(現,静岡県榛原郡相良町)に住し,以来相良氏を称するにいたったという。周頼4代の孫頼景およびその子長頼は関東御家人となり源頼朝に仕えた。頼景は1193年(建久4)肥後国球磨郡多良木荘の地頭として下向したと伝えられる。一方長頼(蓮仏)は98年,平頼盛の代官矢瀬主馬助を退けて,球磨郡人吉荘に入ったというが,いずれも確証はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相良氏
さがらうじ

中世~近世の武家。遠江国(とおとうみのくに)御家人(ごけにん)、肥後国(ひごのくに)人吉荘(ひとよしのしょう)(熊本県人吉市)地頭(じとう)、近世人吉藩主。藤原氏南家(なんけ)乙麻呂流(おとまろりゅう)平安後期周頼(かねより)が遠江国相良荘(静岡県牧之原(まきのはら)市)に住み相良氏を称したという。4代の孫頼景(よりかげ)と子の長頼(ながより)は、源頼朝(みなもとのよりとも)に仕え御家人となった。頼景は鎌倉初期、肥後国球磨(くま)郡良木(たらぎ)(熊本県球磨郡多良木町)に下向したといわれる。長頼は1205年(元久2)畠山重忠(はたけやましげただ)討伐戦の功により同郡人吉荘の地頭となり、その子孫は同郡に土着した。多良木系を上相良(かみさがら)、人吉系を下相良(しもさがら)という。1448年(文安5)庶流の永富(永留)長続(ながとみながつぐ)が球磨郡を統一し隣接する葦北(あしきた)郡も制圧、その子為続(ためつぐ)は1484年(文明16)八代(やつしろ)の名和顕忠(なわあきただ)を逐(お)い八代に進出、以来戦国大名化し、晴広(はるひろ)・義陽(よしひ)の時代は海外貿易でも活躍し最盛期となった。
 この間、為続、長毎(ながつね)、晴広の各代につくられた相良氏法度(はっと)は、初期分国法として著名である。1581年(天正9)義陽は島津義久(よしひさ)に下り、その先鋒(せんぽう)として阿蘇(あそ)氏と戦って討ち死に、まもなく島津氏も豊臣秀吉(とよとみひでよし)に下り、相良長毎は旧領の球磨郡2万2000石に封ぜられ、以来相承して明治維新に至った。[工藤敬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の相良氏の言及

【肥後国】より

…そのため鎌倉幕府が成立すると,幕府=東国勢力の圧迫を受け,菊池氏は本領以外の大部分を奪われ,大友一族の詫磨氏などの入部を見ることになる。また広大な阿蘇本末社領については北条氏が預所兼地頭となり,球磨には遠江から相良(さがら)氏が,ややおくれて野原荘(荒尾市)には武蔵国御家人小代(しようだい)氏が地頭として入部した。 幕府を背景とする東国勢力の進出は,在地勢力との間に強い緊張関係をもたらすと同時に,新しい文化を生み出していった。…

※「相良氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

相良氏の関連キーワード牧之原市相良史料館牧之原(市)熊本(県)相良清兵衛伊佐(市)山江[村]鹿子木寂心相良氏法度相良[町]菊池義武島津義久名和顕忠良成親王相良長毎人吉城跡相良長頼相良長続相良武任相良晴広相良為続

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相良氏の関連情報