コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西廂記 せいそうきXi-xiang-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西廂記
せいそうき
Xi-xiang-ji

中国,元代の戯曲。全 21幕。王実甫作。山西省のある名寺院でめぐり合った旅の書生張きょう (ちょうきょう) と宰相の遺児崔鶯鶯 (さいおうおう) が,鶯鶯の侍女紅娘のはからいで幾多の曲折ののち結ばれる物語。この恋愛物語の原型は唐代の伝奇小説鶯鶯伝』 (『会真記』) にあり,その後民間の語り物として変形成長し,金代に董解元 (とうかいげん) の『諸宮調西廂』,いわゆる『董西廂』として結晶した。王実甫は,筋をほぼ忠実にこの『董西廂』にとりつつ,文語と口語のみごとな調和を完成,1本4幕を原則とする元の戯曲としては異例の長編にまとめた。明の李卓吾,清の金聖嘆などにより人間性の真実を伝える文学として激賞され,中国戯曲史上最高傑作の一つとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいしょうき〔セイシヤウキ〕【西廂記】

せいそうき

せいそうき〔セイサウキ〕【西廂記】

中国、元代の戯曲。全21幕。王実甫(おうじっぽ)著。鶯鶯と張君瑞(張生)の恋物語。唐の元稹(げんしん)の伝奇小説「会真記(鶯鶯伝)」の悲恋を、歌唱を伴う語り物(諸宮調)とした金の董解元(とうかいげん)の「董西廂(とうせいそう)(西廂記諸宮調)」によって脚色したもの。14世紀初めの成立。元曲の最高傑作とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

西廂記【せいしょうき】

〈せいそうき〉とも。中国,元代の戯曲。王実甫の作。元の雑劇(元曲)5編分の体裁をもち,全21幕。唐の元【しん】(げんしん)の小説《会真記》,金代の語り物《董西廂》に基づき,山西省の名寺を舞台に,遊学の書生と宰相の遺児の美しい恋愛を描く。
→関連項目金聖嘆元【しん】四大奇書諸宮調董西廂

西廂記【せいそうき】

西廂記(せいしょうき)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいしょうき【西廂記 Xī xiāng jì】

中国,元代の戯曲。作者は王実甫。元の雑劇としては破格の,5編分より成る長編作,21幕(折)。唐の元稹(げんしん)《会真記(鶯鶯伝)》にもとづく金代の語り物《董西廂》を歌劇に改編したもので,山西省隅の名刹を舞台に展開される,旅の書生と亡き宰相の令嬢の波乱にみちた恋愛をつづる。作者は語り物が設定した封建礼教に対する自由結婚の抗争というテーマに添いつつ,登場人物たちの性格を的確に強調し,礼教の権化たる宰相未亡人と人間性を代弁する小間使いを両極に配しつつ,その間に恋の当事者を介在させ,彼ら相異なる四つの性格の対比が生む多様な波乱を,雅俗語を巧みに使い分ける洗練された筆致で描く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいしょうき【西廂記】

せいそうき【西廂記】

中国、元代の戯曲。王実甫おうじつぽ作。一四世紀初めに成立。書生張君瑞と良家の娘崔鶯鶯さいおうおうの波乱に富んだ恋物語で、北曲の代表作。唐の元稹げんしんの小説「会真記(鶯鶯伝)」に基づく金の董解元とうかいげんの語り物「西廂記(董西廂)」を戯曲化したもの。せいしょうき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の西廂記の言及

【金聖嘆】より

…幼時から俊才ぶりを現し,しかも好んで反俗・反常識の見解を発揮した。その本領を最も奔放に示したのは,《荘子》《楚辞》《史記》《杜詩》《水滸伝》《西廂記》を古今第一等の〈奇文〉として〈六才子書〉と名づけ,それぞれに警抜な批評を加えたことであった。特に《水滸伝》のような通俗小説や《西廂記》のような戯曲を一級の文学として評価したのは,唐順之や李贄(りし)が端緒を発した見識をさらに推し進めて,新しい価値観を定立したものであった。…

【諸宮調】より

…特にその組曲形式と四声を通押するそれまでにない押韻法は,元代の雑劇や散曲,すなわち元曲と共通しており,元曲を生みだす有力な母胎となったと考えられる。ただし明代以降は急速にすたれ,現存する作品も少なく,完全に残っているのは,金の章宗の時の人といわれる董解元の作《西廂記諸宮調》,別名《董解元西廂記》(略して《董西廂》)だけである。この作品は唐の元稹の伝奇小説《鶯鶯伝(おうおうでん)》を題材としており,元の王実甫の雑劇《西廂記》に大きな影響をあたえた。…

【中国文学】より

…戯曲作家として傑出したのは関漢卿(かんかんけい)と王実甫の2人で,ともに14世紀初めに死んだ。関漢卿は多数の作品を公にし,舞台の経験のあった人と思われ,王実甫の名は《西廂記(せいしようき)》によって不朽である。これは元曲中の最長編であり唐代の恋愛物語の演劇化であった。…

※「西廂記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西廂記の関連キーワード西廂記(せいしょうき)西廂記(せいそうき)田中 栄三ジュリアン久保 天随塩谷 温六十種曲久保天随田中栄三中国演劇凌濛初代表作陳洪綬塩谷温琵琶記北曲良家越劇

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android