コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相関エネルギー そうかんエネルギーcorrelation energy

1件 の用語解説(相関エネルギーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相関エネルギー
そうかんエネルギー
correlation energy

多数の粒子が互いに力を及ぼし合いながら運動しているときの全エネルギーについて,各粒子が互いに独立に運動していると考えて求めた近似値と,正確な値とのエネルギー差のこと。各粒子の運動が互いに独立ではないことによるエネルギーといってもよい。金属中の伝導電子相関エネルギーを求める場合,電子の波動関数ハートリー=フォック近似で求めた1つのスレーター行列式で書いて出発点とし,これに次々と補正を加えていくが,このときの全エネルギーの値と出発点の値との差が相関エネルギーである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone