コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相馬哲平 そうま てっぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相馬哲平 そうま-てっぺい

1833-1921 明治-大正時代の実業家。
天保(てんぽう)4年5月5日生まれ。文久元年北海道にわたる。米穀商,海陸産物の売買,土地の買取,金融などにたずさわり,大正元年函館貯蓄銀行,3年百十三銀行の頭取となる。また相馬合名,相馬商店などをおこし,公共事業にも尽力した。7年貴族院議員。大正10年6月6日死去。89歳。越後(えちご)(新潟県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

相馬哲平

没年:大正10.6.6(1921)
生年:天保4.5.5(1833.6.22)
明治期の北海道有数の地方財閥の創設者。相馬熊次郎の次男として新発田藩(新潟県北蒲原郡中条町)に生まれる。文久1(1861)年に北海道箱館へ渡り米穀業を,のちに漁業の仕込み,海産物の売買,土地所有,金貸しなどを手広く営み蓄財した。この間百十三国立銀行,函館銀行,函館貯蓄銀行の設立に加わり重役となる。重要なのは,大正4(1915)年に相馬合名(持株会社),8年に相馬商店(主力事業会社)を創設,これを両輪として系列子会社,土地所有を拡大したことである。相馬家の資産額は昭和8(1933)年に3000万円で,山形の本間家,宮城の斎藤家と比肩しうる第1次産業と金貸しを基盤とした地方財閥となった。<参考文献>神崎茂編『相馬哲平伝』,相馬株式会社ほか編『創業百周年』,森川英正『地方財閥』

(渋谷隆一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

相馬哲平の関連キーワード相馬 哲平大正時代実業家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android