コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相馬尊胤 そうま たかたね

1件 の用語解説(相馬尊胤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相馬尊胤 そうま-たかたね

1697-1772 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)10年閏(うるう)2月19日生まれ。陸奥(むつ)中村藩(福島県)5代藩主相馬昌胤(まさたね)の子。6代藩主叙胤(のぶたね)の養子となり,宝永6年7代藩主。幕命により利根川,荒川の護岸工事,日光山本坊の修理にあたった。明和2年隠居。明和9年4月6日死去。76歳。通称は民部。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

相馬尊胤の関連キーワード無銭法師青木一典織田長弘織田秀行斜与子集山遠山友央永井尚平堀田正邦渡辺信綱