コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

省略算 ショウリャクザン

デジタル大辞泉の解説

しょうりゃく‐ざん〔シヤウリヤク‐〕【省略算】

近似値を求めるときに、その誤差を許される範囲内にとどめることを条件として、計算手数を簡単にする方法。略算。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうりゃくざん【省略算】

許容される誤差を考慮して、実際上必要な程度に計算を簡略にする方法。略算。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

省略算
しょうりゃくざん

整数や小数についての筆算で、必要とする位までの数値を正確に求めながら、むだな部分を切り捨てて行う計算法。たとえば

のような加法の計算で、和を小数第3位まで求める場合、第4位以下を切り捨て、ただ第4位からの繰り上がりが1であることのみを確認して図のように行う。
 この種の計算法は、計算機器が発達するようになってほとんど廃れてしまった。今日ではコンピュータによる数値処理がこれにかわっている。[島田 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

省略算の関連キーワード近似値島田程度

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android