コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真下喜太郎 ました きたろう

1件 の用語解説(真下喜太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真下喜太郎 ました-きたろう

1888-1965 大正-昭和時代の俳人,歌人。
明治21年6月9日生まれ。俳句を祖父自順軒真水に,短歌を与謝野鉄幹(よさの-てっかん)・晶子(あきこ)にまなぶ。大正6年高浜虚子(きょし)の長女真砂子と結婚。「明星」「ホトトギス」の同人。戦後は俳諧(はいかい)文庫会主任をつとめた。昭和40年8月13日死去。77歳。群馬県出身。慶大卒。別号に涅汗(でっかん)。著作に「詳解歳時記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

真下喜太郎の関連キーワード石田あき子尾崎迷堂笠井栖乙栗生純夫小杉余子後藤夜半滝田不勿中塚たづ子室積波那女吉田寸草

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone