真田幸民(読み)さなだ ゆきもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真田幸民 さなだ-ゆきもと

1850-1903 幕末-明治時代の大名,華族。
嘉永(かえい)3年4月17日生まれ。伊達宗城(むねなり)の次男。真田幸教(ゆきのり)の養子となり,慶応2年信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩主真田家10代。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍に協力,越後(えちご)(新潟県),会津(あいづ)(福島県)に転戦。維新後はヨーロッパに遊学。伯爵。明治36年9月8日死去。54歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android