コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真田幸隆 さなだ ゆきたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真田幸隆 さなだ-ゆきたか

1513-1574 戦国-織豊時代の武将。
永正(えいしょう)10年生まれ。真田昌幸(まさゆき)の父。信濃(しなの)(長野県)海野(うんの)から真田郷に移住し,海野姓から真田姓にあらためる。天文(てんぶん)13年武田信玄につかえ,村上義清や越後(えちご)(新潟県)の上杉謙信とたたかう。のち上野(こうずけ)(群馬県)に転戦,武田氏の勢力圏をひろげた。天正(てんしょう)2年5月19日死去。62歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

真田幸隆

没年:天正2.5.19(1574.6.8)
生年:永正10(1513)
戦国時代の武将。信濃国(長野県)海野の海野棟綱の子。はじめ海野小太郎。同国真田郷に拠り真田弾正忠,一徳斎と号した。天文10(1541)年海野平の戦で村上義清に敗れ,上野国長野氏のもとに逃れたが,同13年武田信玄に属し信州先方衆として活躍。同20年,宿敵の義清を戸石城に破り本領真田郷を回復,上田諏訪形・横田などに1000貫文を与えられている。永禄6(1563)年上野国岩櫃城,同8年岳山城を攻略し信玄の上野国攻略を進めた。元亀3(1572)年同国白井城を攻略したが,天正2(1574)年62歳で病没

(唐澤定市)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の真田幸隆の言及

【真田氏】より

…1400年(応永7)の大塔合戦で戦った者の中に実田(さなだ)氏が見られる。戦国時代,真田幸隆は甲斐の武田信玄に属し,武田氏の信濃攻略に大きな役割を果たした。幸隆のあとは信綱が継ぎ,信玄,勝頼に仕えたが,1575年(天正3)の長篠の戦で弟昌輝とともに討死した。…

※「真田幸隆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

真田幸隆の関連キーワード真田昌輝真田信尹尻高景家真田本城真田信綱葛尾城箕輪城真田氏没年

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真田幸隆の関連情報