コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真盛豆(しんせいまめ)

2件 の用語解説(真盛豆(しんせいまめ)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

真盛豆(しんせいまめ)

京都府京都市、金谷正広が製造・販売する銘菓。丹波産黒豆を煎り、大豆粉で包み青のりをまぶした豆菓子。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真盛豆
しんせいまめ

京菓子の一つ。丹波(たんば)黒豆を煎(い)って芯(しん)となし、これにきな粉、水飴(みずあめ)、砂糖を練った衣を着せ、表面に青海苔(のり)をまぶした菓子。黒豆は香ばしく、海苔ときな粉の層は洲浜(すはま)のような柔らかみを保つ。商品としての真盛豆は、文久(ぶんきゅう)年間(1861~64)に浜屋丈助が売り出したが、元来は明応(めいおう)年間(1492~1501)のころ、真盛上人(しんぜいしょうにん)が辻説法(つじせっぽう)のおり、黒豆を煎って人々に与えたのが始まり。1587年(天正15)北野の大茶会が行われたときには真盛豆はすでに今日の風味を備えていた。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真盛豆(しんせいまめ)の関連キーワード柚餅うすべにおころおせき餅鍵もち菊寿糖はしやぎやき栗夕ばえわすれ傘

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone