真盛豆(しんせいまめ)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真盛豆
しんせいまめ

京菓子の一つ。丹波(たんば)黒豆を煎(い)って芯(しん)となし、これにきな粉、水飴(みずあめ)、砂糖を練った衣を着せ、表面に青海苔(のり)をまぶした菓子。黒豆は香ばしく、海苔ときな粉の層は洲浜(すはま)のような柔らかみを保つ。商品としての真盛豆は、文久(ぶんきゅう)年間(1861~64)に浜屋丈助が売り出したが、元来は明応(めいおう)年間(1492~1501)のころ、真盛上人(しんぜいしょうにん)が辻説法(つじせっぽう)のおり、黒豆を煎って人々に与えたのが始まり。1587年(天正15)北野の大茶会が行われたときには真盛豆はすでに今日の風味を備えていた。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android