コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洲浜 すはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洲浜
すはま

吉祥の意味をもった一種置物。屈曲する海岸線の状態を表現したほぼ楕円形の板に短い脚をつけ,上に岩木花鳥などを飾る。平安時代に流行したが,後世は上の飾りを省略し,酒杯,肴などを置き,また島台として用いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洲浜
すはま

きな粉を水飴(みずあめ)で練り、棹物(さおもの)に仕上げた菓子。『嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)』は豆飴と説明している。弘安(こうあん)年間(1278~1288)に京都の菓子作り松寿軒が初めてこれをつくったといわれていたが、今日では、京都の御洲浜司植村義次のものが、1657年(明暦3)以来の仕法を伝え、もっとも古いのれんである。洲浜の製法は、水飴、砂糖(昔は干し柿(がき)が使われた)を鍋(なべ)で炊き、鍋ごと水に入れて冷ます。これときな粉をあわせ棒状にしたものを、半月形に割った細い青竹3本を使って縛る。成型後に竹を除いて小口から切った形が、洲浜(海上に浮かぶ小島が、干潮で砂洲を三方に現した姿)のさまをしているところからこの菓名が生まれた。菓子以前の洲浜は、竹皮にくるむ携行食で飴粽(ちまき)と称した。伊賀者や甲賀者の創案説もあるが、植村義次店の初代は、近江(おうみ)国(滋賀県)南東部に伝わる郷土食に手を加えて洲浜を製したという。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

洲浜の関連キーワード数差し・員刺し・籌刺し・数差・員刺・籌刺旧芝離宮庭園高梨氏館跡池泉式庭園榊原 始更ミスミソウ天龍寺庭園アサガオ食わせる郷土菓子長洲荘荘厳具豆銀糖棹菓子浜千鳥洲浜文高砂台菓子型真盛豆桂離宮

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android