青海苔(読み)アオノリ

大辞林 第三版の解説

あおのり【青海苔】

緑藻類アオサ目アオノリ属の海藻の総称。浅海や河口の岩上、磯の潮だまりなどに群生。管状または扁平で一層の細胞よりなり、緑色または黄緑色。スジアオノリ・ボウアオノリ・ヒラアオノリなど。食用。 [季] 春。 《 -や石の窪のわすれ汐 /几董 》
を乾燥させて、ふりかけや薬味とするもの。主にスジアオノリが用いられ、市販品にはアオサも含まれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あお‐のり あを‥【青海苔】

[1] 〘名〙 緑藻類アオサ科アオノリ属の海藻の総称。各地の浅海や川口付近の岩石に着生する。主にボウアオノリスジアオノリ、ヒラアオノリ、ウスバアオノリなどが含まれる。黄緑色か鮮緑色で、管状または扁平。食用とするほか、ふすま紙などにすき入れる。あおば。苔菜。緑苔(りょくたい)。《季・春》〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
[2] 狂言の曲名。「天正狂言本」所収。現在の「薩摩守」の原形。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青海苔の関連情報