明応(読み)メイオウ

大辞林 第三版の解説

めいおう【明応】

年号(1492.7.19~1501.2.29)。延徳の後、文亀の前。後土御門・後柏原天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

めいおう【明応】

日本の元号(年号)。室町時代(戦国時代)の1492年から1501年まで、後土御門(ごつちみかど)天皇、後柏原(ごかしわばら)天皇の代の元号。前元号は延徳(えんとく)。次元号は文亀(ぶんき)。1492年(延徳4)7月19日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『文選(もんぜん)』を出典とする命名。明応年間の室町幕府の将軍は足利義稙(よしたね)(10代、初名は義材(よしき))、足利義澄(よしずみ)(11代)。1489年(延徳1)に足利義尚(よしなお)(9代将軍)が、翌1490年(延徳2)に足利義教(よしまさ)(8代将軍)が死去すると、日野富子(とみこ)(義政正室)らは、応仁の乱で敵対した足利義視(よしみ)(義政弟)の子である義稙を第10代将軍に推挙した。しかし、義稙と日野富子、細川政元(まさもと)とは次第に対立を深め、政元は1493年(明応2)に義稙を廃して足利義澄を擁立するクーデターを決行した(明応の政変)。1498年(明応7)には大地震が東海地方を襲った。この時に発生した津波により、浜名湖と外海がつながった。1500年(明応9)、後土御門天皇の崩御により皇子の後柏原天皇が即位した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明応の関連情報