コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明応 メイオウ

4件 の用語解説(明応の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めいおう【明応】

室町後期、後土御門(ごつちみかど)天皇後柏原天皇の時の年号。1492年7月19日~1501年2月29日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明応 みょうおう

空谷明応(くうこく-みょうおう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

めいおう【明応】

年号(1492.7.19~1501.2.29)。延徳の後、文亀の前。後土御門・後柏原天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

めいおう【明応】

日本の元号(年号)。室町時代戦国時代)の1492年から1501年まで、後土御門(ごつちみかど)天皇、後柏原(ごかしわばら)天皇の代の元号。前元号は延徳(えんとく)。次元号は文亀(ぶんき)。1492年(延徳4)7月19日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『文選(もんぜん)』を出典とする命名。明応年間の室町幕府の将軍は足利義稙(よしたね)(10代、初名は義材(よしき))、足利義澄(よしずみ)(11代)。1489年(延徳1)に足利義尚(よしなお)(9代将軍)が、翌1490年(延徳2)に足利義教(よしまさ)(8代将軍)が死去すると、日野富子(とみこ)(義政正室)らは、応仁の乱で敵対した足利義視(よしみ)(義政弟)の子である義稙を第10代将軍に推挙した。しかし、義稙と日野富子、細川政元(まさもと)とは次第に対立を深め、政元は1493年(明応2)に義稙を廃して足利義澄を擁立するクーデターを決行した(明応の政変)。1498年(明応7)には大地震が東海地方を襲った。この時に発生した津波により、浜名湖と外海がつながった。1500年(明応9)、後土御門天皇の崩御により皇子の後柏原天皇が即位した。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明応の関連キーワード木幡雅遠年号永禄近古元亀戦国美濃彫意雲昌地楊富

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明応の関連情報