コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真禎 しんてい

1件 の用語解説(真禎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真禎 しんてい

1169-? 平安後期-鎌倉時代の僧。
嘉応(かおう)元年生まれ。後白河天皇の第11皇子。真言宗平徳子(建礼門院)の養子として東寺の禎喜(ていき)の門にはいり,仁和(にんな)寺の守覚法親王の弟子となる。寿永元年権(ごんの)大僧都,のち広隆寺別当。承久(じょうきゅう)の乱で上皇方に味方した尊長に関係ありとして,安貞2年(1228)摂津に流された。通称は太秦宮,持明院宮

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

真禎の関連キーワード如幻雅西惟宗定秀俊海定兼宅磨為久任賢正恒(2)頼円(2)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone