コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守覚法親王 シュカクホウシンノウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守覚法親王 しゅかくほうしんのう

1150-1202 平安後期-鎌倉時代,後白河天皇の第2皇子。
久安6年3月4日生まれ。母は藤原成子(せいし)。真言宗仁和(にんな)寺にはいり,嘉応(かおう)元年(1169)門跡(もんぜき),翌年親王となる。承安(じょうあん)2年六勝寺(りくしょうじ)長吏。広沢流と小野流を伝授され,両派を統合。和歌にすぐれた。建仁(けんにん)2年8月25日死去。53歳。法名ははじめ守性。通称は北院(喜多院)御室。家集に「北院御室御集」,編著に「沢見抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

守覚法親王

没年:建仁2.8.25(1202.9.12)
生年:久安6.3.4(1150.4.3)
平安末・鎌倉初期の真言宗僧で仁和寺御室。後白河天皇の第2皇子。母は藤原季成の娘の成子(高倉三位局)。北院御室と呼ばれる。後白河院の下で四円寺や六勝寺の長吏を勤め,様々な御願の修法を行うなど,当時の仏教界の頂点にあった。安元2(1176)年二品に叙せられる。醍醐寺の勝賢にも学んで仁和寺と醍醐寺との法の交流を深める。また仁和寺の御所には多くの僧俗が祗候して,管弦や和歌や記録の文化サークルが作られていた。『北院御室拾要集』『左記』『右記』をはじめ多くの著作がある。<参考文献>土谷恵「中世初頭の仁和寺御室」(『日本歴史』451号)

(土谷恵)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅかくほうしんのう【守覚法親王】

1150~1202) 平安末期・鎌倉初期の人。後白河天皇の第二皇子。出家して仁和寺第六世となる。和歌・書にすぐれ、著書に「北院御室御集」「守覚法親王百首」「釈氏往来」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

守覚法親王 (しゅかくほっしんのう)

生年月日:1150年3月4日
平安時代後期;鎌倉時代前期の真言宗の僧
1202年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

守覚法親王の関連キーワード式子内親王(しょくしないしんのう)仁和寺宮守覚法親王藤原成子(1)覚快法親王道法法親王生島経菊丸式子内親王道性(1)藤原俊成藤原有家藤原教長藤原公光殷富門院斎藤友実生年月日鎌倉時代長秋詠藻平経盛平経正袖中抄

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android