コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守覚法親王 シュカクホウシンノウ

4件 の用語解説(守覚法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅかく‐ほうしんのう〔‐ホフシンワウ〕【守覚法親王】

[1150~1202]平安末期から鎌倉初期の僧。後白河天皇の第2皇子。仁和(にんな)寺第6世となる。和歌・書道にすぐれた。著「北院御室御集」「野月鈔」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守覚法親王 しゅかくほうしんのう

1150-1202 平安後期-鎌倉時代,後白河天皇の第2皇子。
久安6年3月4日生まれ。母は藤原成子(せいし)。真言宗仁和(にんな)寺にはいり,嘉応(かおう)元年(1169)門跡(もんぜき),翌年親王となる。承安(じょうあん)2年六勝寺(りくしょうじ)長吏。広沢流と小野流を伝授され,両派を統合。和歌にすぐれた。建仁(けんにん)2年8月25日死去。53歳。法名ははじめ守性。通称は北院(喜多院)御室。家集に「北院御室御集」,編著に「沢見抄」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

守覚法親王

没年:建仁2.8.25(1202.9.12)
生年:久安6.3.4(1150.4.3)
平安末・鎌倉初期の真言宗僧で仁和寺御室。後白河天皇の第2皇子。母は藤原季成の娘の成子(高倉三位局)。北院御室と呼ばれる後白河院の下で四円寺や六勝寺の長吏を勤め,様々な御願の修法を行うなど,当時の仏教界の頂点にあった。安元2(1176)年二品に叙せられる。醍醐寺の勝賢にも学んで仁和寺と醍醐寺との法の交流を深める。また仁和寺の御所には多くの僧俗が祗候して,管弦や和歌や記録の文化サークルが作られていた。『北院御室拾要集』『左記』『右記』をはじめ多くの著作がある。<参考文献>土谷恵「中世初頭の仁和寺御室」(『日本歴史』451号)

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅかくほうしんのう【守覚法親王】

1150~1202) 平安末期・鎌倉初期の人。後白河天皇の第二皇子。出家して仁和寺第六世となる。和歌・書にすぐれ、著書に「北院御室御集」「守覚法親王百首」「釈氏往来」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

守覚法親王の関連キーワード立部瑞祐土宜法龍森諦圓仁和寺宮覚道法親王仁和寺宮守覚法親王殷富門院御室焼尊遍法助森諦円

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone