コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真藤峨眉 しんどう がび

1件 の用語解説(真藤峨眉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真藤峨眉 しんどう-がび

1730-1811 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)15年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士真藤常章の養子。藩儒となり,のち藩校修猷館(しゅうゆうかん)の教授をつとめた。文化8年3月死去。82歳。本姓は柴田。名は世範。字(あざな)は叔度。別号に漁樵翁。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

真藤峨眉の関連キーワード江村如圭前古典派音楽厚生新編坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル朝鮮通信使日本幽囚記働く親と学童保育先物取引

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone