コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真角 しんかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真角 しんかく

?-? 室町-戦国時代の能面師。
僧といわれる。喜多古能(9代七太夫)著「仮面譜」などで,「仮面古作」8人のひとりとされる。各流派でもちいられる「真角」(怪士(あやかし)面の一種)を創作したとつたえる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

真角の関連キーワード島田虎之助角(動物)戦国時代洞角室町

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android