コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真角 しんかく

1件 の用語解説(真角の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真角 しんかく

?-? 室町-戦国時代の能面師。
僧といわれる。喜多古能(9代七太夫)著「仮面譜」などで,「仮面古作」8人のひとりとされる。各流派でもちいられる「真角」(怪士(あやかし)面の一種)を創作したとつたえる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

真角の関連キーワード東江宮野三光坊竜右衛門宝来石王兵衛康吉智恩坊千世若等月

真角の関連情報