コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鍋斌 まなべ たけし

3件 の用語解説(真鍋斌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真鍋斌 まなべ-たけし

まなべ-あきら

真鍋斌 まなべ-あきら

1851-1918 明治-大正時代の軍人。
嘉永(かえい)4年12月5日生まれ。陸相副官,歩兵第九旅団長などを歴任。明治38年陸軍中将。貴族院議員。大正7年12月14日死去。68歳。長門(ながと)(山口県)出身。名は「たけし」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

真鍋斌

没年:大正7.12.14(1918)
生年:嘉永4.12.5(1851.12.27)
明治期の陸軍軍人。長州(萩)藩士真鍋安信の長男。明治4(1871)年陸軍青年学舎を卒業して少尉任官。以後主に陸軍省内にあって,総務局武学課長,軍務局第1軍事課長,総務局人事課長などを歴任した。38年中将に進む。陸軍長州閥の一員。日露戦争(1904~05)中は留守第5師団長として活躍,戦後その功により男爵。41年予備役編入,貴族院議員。

(山崎有恒)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真鍋斌の関連キーワード大島義昌岡市之助河村正彦児島惣次郎坂田虎之助佐久間左馬太土屋光春津野田是重畑英太郎山岡熊治

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone