コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鍋斌 まなべ たけし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真鍋斌 まなべ-たけし

まなべ-あきら

真鍋斌 まなべ-あきら

1851-1918 明治-大正時代の軍人。
嘉永(かえい)4年12月5日生まれ。陸相副官,歩兵第九旅団長などを歴任。明治38年陸軍中将。貴族院議員。大正7年12月14日死去。68歳。長門(ながと)(山口県)出身。名は「たけし」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

真鍋斌

没年:大正7.12.14(1918)
生年嘉永4.12.5(1851.12.27)
明治期の陸軍軍人。長州(萩)藩士真鍋安信の長男。明治4(1871)年陸軍青年学舎を卒業して少尉任官。以後主に陸軍省内にあって,総務局武学課長,軍務局第1軍事課長,総務局人事課長などを歴任した。38年中将に進む。陸軍長州閥の一員。日露戦争(1904~05)中は留守第5師団長として活躍,戦後その功により男爵。41年予備役編入,貴族院議員。

(山崎有恒)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

真鍋斌の関連キーワード大正時代没年

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android