眼孔(読み)がんこう

精選版 日本国語大辞典「眼孔」の解説

がん‐こう【眼孔】

〘名〙
眼球のあるあな。また、眼そのもの。
※死刑宣告(1925)〈萩原恭次郎〉父上の苦しみ給ひし事を苦しまむ「馬の顔には大きな眼がぽっかり開いてゐる」
② 転じて、物を見通す範囲、能力。見識
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「これ等の人の眼孔よりこれを観れば」 〔新唐書‐安祿山〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「眼孔」の解説

がん‐こう【眼孔】

眼球の入っている穴。眼窩(がんか)。
見識の広さ。物事を見通す能力。「眼孔大なる人」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android