コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原恭次郎 はぎわらきょうじろう

5件 の用語解説(萩原恭次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

萩原恭次郎
はぎわらきょうじろう

[生]1899.5.23. 群馬,南橘
[没]1938.11.22. 群馬
詩人。前橋中学校卒業後,銀行に勤めながら川路柳虹主宰『炬火』に参加。 1921年上京し,23年壺井繁治らと詩誌『赤と黒』を創刊,アナーキズムを拠点とする芸術革命運動を推進した。日本の前衛芸術の最初の収穫と称される詩集『死刑宣告』 (1925) を刊行したが,肺結核のため帰郷 (28) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

萩原恭次郎【はぎわらきょうじろう】

詩人。群馬県生れ。前橋中学卒。はじめ短歌になじみ,のち詩作に向かう。抒情詩から出発したが,1923年壺井繁治,岡本潤らと《赤と黒》を発刊,ダダあるいは未来派的な前衛詩を発表し,衝撃を与えた。
→関連項目小野十三郎川崎長太郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原恭次郎 はぎわら-きょうじろう

1899-1938 大正-昭和時代前期の詩人。
明治32年5月23日生まれ。大正12年壺井繁治らと「赤と黒」を創刊,アナーキスト詩人として活躍。14年日本の前衛詩の記念碑とされる第1詩集「死刑宣告」を出版した。昭和13年11月22日死去。40歳。群馬県出身。前橋中学卒。本名は金井恭次郎。萩原は旧姓。詩集はほかに「断片」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はぎわらきょうじろう【萩原恭次郎】

1899‐1938(明治32‐昭和13)
詩人。本姓金井。群馬県の生れ。前橋中学卒業後1922年に上京。クロポトキンの著作に大きな影響を受けた。23年,岡本潤,壺井繁治らとアナーキズム詩誌《赤と黒》を創刊,次いで詩誌《ダムダム》や前衛美術雑誌《マヴォ》に参加するなどアナーキスト詩人として活躍。25年,詩集《死刑宣告》を刊行したが,その虚無的な心情を絶望的狂躁に転換した内容と,大小の活字や記号を駆使したダイナミックな紙面構成とは詩壇に大きな衝撃を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

萩原恭次郎
はぎわらきょうじろう
(1899―1938)

詩人。群馬県生まれ。前橋中学校卒業。1916年(大正5)より詩作を始め、川路柳虹(りゅうこう)の『現代詩歌』に参加。20年に上京して平戸廉吉(れんきち)を知る。23年に壺井繁治(つぼいしげじ)、岡本潤(じゅん)らと『赤と黒』を創刊。25年にニヒルな破壊精神に支えられた詩集『死刑宣告』を出版。そこにはたとえば「彼は行く 一人!」というように、大小の活字、太い罫(けい)、記号などを駆使したダダイズムと表現主義の激しいリズムをもった開花があり、その起爆力は詩史的にも特筆すべきものがある。そののち『ダムダム』『学校』『弾道』に拠(よ)り、詩集『断片』(1931)ではアナキズムの詩としての深い完成を示した。[村田正夫]
『『萩原恭次郎詩集』(1968・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

萩原恭次郎の関連キーワードリジェンダー童謡誌おてんとさんパテルノストロ自然と人生ハーグ平和会議久保天随会津若松(市)緯度変化株式会社極運動

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone