コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

eye

翻訳|eye

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説



eye

光を感受する特殊な知覚器官。無脊椎動物ではミドリムシの光受容器(→眼点),ミミズの散漫光感覚器官,タコなど頭足類の発達したカメラ眼,節足動物複眼など,いろいろな段階の眼が知られている。脊椎動物では視覚を脳の視覚中枢へ伝える器官(眼球視神経,付属器)のことをさす。眼の種類は,発生学的には皮膚眼と脳壁眼に分かれ,機能的には投射光の強さばかりでなく,方向も感受できる方向視と,対象物がなにかを把握できる形態視がある。
方向視は,軟体動物刺胞動物棘皮動物,その他の無脊椎動物の多くにみられる。仕組みはさまざまであるが,一般に一つかそれ以上の視細胞と,色素細胞からなる盾をもつ。この盾はコップ型をしており,感覚器官を取り囲むように配置され,ある方向からきた光だけを察知するようになっている。形態視はほぼすべての脊椎動物,一部の軟体動物(頭足類,二枚貝類など)と節足動物のほとんどでみられる。脊椎動物の眼の基本構造は水晶体網膜で,水晶体にあたった光が網膜に像を結ぶ。網膜の視細胞は,光の明るさの違いをさまざまな強さの電気信号に変換して脳へと伝える。普通,脊椎動物は一対の眼をもっている。節足動物では複眼で形態視を行ない,昆虫類甲殻類において最も進化した。複眼は個眼と呼ばれる独立した小さな眼が蜂の巣状に多数集合してできている。個眼の構造は脊椎動物のそれと似ており,おもにレンズの役割をする水晶体と,光を感受する感桿,色素細胞などからなる。個々の水晶体が受け取る光の範囲が少しずつ重なるため,複数の像を結ぶが,脳でデジタル的な視覚処理が行なわれていると考えられ,動態視力に優れている。軟体動物であるタコの眼は脊椎動物とは発生の過程が異なるが,水晶体と網膜,虹彩などがあり,優れた形態視の能力をもつ。
ヒトの眼は優れた形態視の能力をもち,構造的には眼球,視神経,付属器からなる。眼球はほぼ球体であり,側面と後部が不透明,正面は透明になっていて,ここから光が入ってくる。眼球の構造は大きく分けて 3層の膜と内容物からなり,外側から (1) 外膜(角膜強膜),(2) ブドウ膜脈絡膜毛様体,虹彩),(3) 網膜となっていて,内容物として眼房水,水晶体,硝子体がある。角膜は透明な皿状の膜で,光を眼球に通す屈折装置として働く。強膜は強力な結合組織からなる。角膜とひと続きになって眼球を保護するとともに,眼圧を一定に保っている。強膜のすぐ下にある脈絡膜はメラニン色素と血管が豊富で,外界の光線を遮断するとともに,眼のあらゆる場所に栄養を送る働きをしている。脈絡膜に続く毛様体は水晶体の厚みを変える筋肉組織で,焦点を合わせるピントの働きをする。虹彩は瞳孔から入ってくる光の量を調節する絞りに相当する。
網膜は,カメラのフィルムに相当する。10層構造からなり,内側は硝子体に接している。外側は,明暗を感じる杆状体と色彩を感じる錐状体からなる視細胞の層で,中心窩に像を結ぶ。この中心窩には多数の錐状体が集まっており,非常に鮮明な像をつくりだす。像はここで光エネルギーから電気信号に変換され,視神経乳頭から視神経へと入り,脳の視覚中枢に達する。付属器には眼瞼(まぶた),睫毛(まつげ),結膜涙器眼筋などがあり,おもに眼球の保護に役立っている。
視覚に関する一般的な障害は屈折異常で,近視遠視乱視がある。近視では,網膜の手前の硝子体に焦点が結ばれてしまう。逆に遠視では,網膜より後方に焦点が結ばれる。乱視は,角膜の湾曲の欠陥が原因で起こる。これらの視覚障害は,眼鏡やコンタクトレンズで矯正できる。また,視力の低下する夜盲症色覚異常などがある。これらの障害の原因には先天性と後天性の両方が認められる。さらに,眼に悪影響を及ぼす病気は数多くある。たとえば,眼球の運動や位置を司る外眼筋の調節が神経の麻痺などでそこなわれると,斜視になる。糖尿病に併発するのが糖尿病性網膜症で,失明率が高い。高齢者に多いのが緑内障で,眼球内の圧力が増したために起こり,失明にいたることもある。このほか感染症による障害も多く,感染部位によって多くの種類がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がん【眼】

目。まなこ。
物事を見て判断する能力。「が利く」「私のに狂いはない」
(すずり)石の表面に現れた紋。

がん【眼】[漢字項目]

[音]ガン(漢) ゲン(呉) [訓]まなこ め
学習漢字]5年
〈ガン〉
目。「眼窩(がんか)眼球眼睛(がんせい)近眼検眼酔眼双眼着眼点眼肉眼白眼複眼碧眼(へきがん)
物事を洞察する能力。「眼識眼力活眼具眼慧眼(けいがん)心眼・鑑識眼・千里眼
大事なところ。かなめ。「眼目主眼
穴。「銃眼方眼紙
〈ゲン〉目。見抜く目。「慧眼(えげん)開眼五眼慈眼仏眼
〈まなこ〉「血眼金壺眼(かなつぼまなこ)
[難読]眼差(まなざ)し眼鏡(めがね)・眼奈太(めなだ)

げん【眼】[漢字項目]

がん

ま‐な‐こ【眼】

《「(ま)の子」の意》
目。目玉。「どんぐり」「寝ぼけ
物事の本質などを見通す力。
「小説に勧懲の徳なきにあらで、読者に読書の―なきのみ」〈逍遥小説神髄
黒目(くろめ)。
「その雷虺虺(ひかりひろ)めき、―赫赫(かかや)く」〈雄略紀〉
見える範囲。視界。
「月のすむ空はほかにもかはらぬを―に余る広沢の影」〈六百番歌合・秋〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がん【眼】

め。
見抜く力。 「 -が利く」
端渓たんけいなどの硯すずりで、石の中に見える紋。
穴。
[句項目] 眼を付ける

まなこ【眼】

〔目の子、の意〕
目。目玉。
黒目。ひとみ。 「その雷虺虺ひかりひろめき-赫々かかやく/日本書紀 雄略訓注
見通す力。眼力。 「達人の人を見る-は、少しも誤る所あるべからず/徒然 194
視線。また、視野。 「まのあたりに見奉るもの、更に-を当てず/平家 5
眼目。中心。 「連歌の-は失せて/ささめごと」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

眼の関連キーワードアレクザンダーの法則(生理学)マークス‐ガン瞳孔現象ヘーリングの第一法則ディーエスエルアールレンズ交換式カメラコウベダルマガレイホシダルマガレイヤナギムシガレイアイトラッカー網膜芽細胞腫河本 重次郎ヨツメウオ属視野レンズ交感性眼炎ささめごと対眼レンズ共役運動菅沼定男眼球振盪阿遮一睨

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

眼の関連情報