睾丸水瘤(読み)こうがんすいりゅう(英語表記)hydrocele

翻訳|hydrocele

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

睾丸水瘤
こうがんすいりゅう
hydrocele

睾丸の鞘膜腔内に滲出液が多量にたまった状態をいう。かつては陰嚢水腫 (瘤) といわれた。発生原因によって6型に分けられるが,精巣鞘膜に多量の液体が貯留するため,精巣が腫大したように見えるものが最も多い。幼小児に多いが,成人にも起る。陰嚢は徐々に腫大してきて,痛みはない。精巣,精巣上体の炎症や腫瘍によるものも,まれにある。治療としては注射針を刺して液体を吸引するが,数日で再びもとに戻ることもある。数回吸引して効果がなければ手術する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の睾丸水瘤の言及

【陰囊水瘤】より

…陰囊水腫あるいは睾丸水瘤ともいう。睾丸は固有鞘膜と呼ばれる二重の膜で包まれている。…

※「睾丸水瘤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android