瞑想詩集(読み)めいそうししゅう(英語表記)Les Méditations

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瞑想詩集
めいそうししゅう
Les Méditations

フランスの詩人ラマルチーヌの処女詩集。 1820年刊。シャルル夫人への愛と彼女の死から霊感を受け,亡き女性 (「孤立」L'Isolement) ,自然観照による慰め (「谷間」 Le Vallon) ,時の流れへの不安 (「湖」 Le Lac) などを歌った 24編の抒情詩集。すなおな音楽的調べのうちに魂の真情を吐露して,20年代の青年層に熱狂的に迎えられた。フランス・ロマン主義の代表的詩集の一つとみなされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

めいそうししゅう〔メイサウシシフ〕【瞑想詩集】

《原題、〈フランス〉Médeutations poétiquesラマルティーヌの処女詩集。1820年刊行。代表作「湖」「孤独」などを収める。西洋文学史におけるロマン主義時代の始まりに位置づけられる作品。
《原題、〈フランス〉Les Comtemblations》⇒静観詩集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android