コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瞑想詩集 めいそうししゅうLes Méditations

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瞑想詩集
めいそうししゅう
Les Méditations

フランスの詩人ラマルチーヌの処女詩集。 1820年刊。シャルル夫人への愛と彼女の死から霊感を受け,亡き女性 (「孤立」L'Isolement) ,自然観照による慰め (「谷間」 Le Vallon) ,時の流れへの不安 (「湖」 Le Lac) などを歌った 24編の抒情詩集。すなおな音楽的調べのうちに魂の真情を吐露して,20年代の青年層に熱狂的に迎えられた。フランス・ロマン主義の代表的詩集の一つとみなされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

めいそうししゅう〔メイサウシシフ〕【瞑想詩集】

《原題、〈フランス〉Médeutations poétiquesラマルティーヌの処女詩集。1820年刊行。代表作「湖」「孤独」などを収める。西洋文学史におけるロマン主義時代の始まりに位置づけられる作品。
《原題、〈フランス〉Les Comtemblations》⇒静観詩集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瞑想詩集
めいそうししゅう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android