(読み)メイ

  • つぶ・る
  • つむ・る
  • めい・す
  • めい・する
  • 漢字項目

精選版 日本国語大辞典の解説

〘他ラ五(四)〙 目やをふさぐ。閉じる。つむる。
置炬燵(1890)〈斎藤緑雨〉中「壁に向ふて眼をつぶる」
〘他ラ五(四)〙
① 目をふさぐ。閉じる。つぶる。
※雲は天才である(1906)〈石川啄木〉二「呼吸もつかずに目を瞑(ツム)る」
② 口を閉じる。つぐむ。
※一九二八・三・一五(1928)〈小林多喜二〉七「その労働者は口をつむんでしまった」
〘自サ変〙 めい・す 〘自サ変〙
① 目を閉じる。目をつぶる。また、ねむる。
※黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「寡言の三郎は〈略〉の如く瞑(メイ)した」
② 安らかに死ぬ。往生する。
※うつせみ(1895)〈樋口一葉〉四「彼れはよく瞑(メイ)する事が出来る」
〘自サ変〙 ⇒めいする(瞑)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瞑の関連情報