(読み)メイ

  • つぶ・る
  • つむ・る
  • めい・す
  • めい・する
  • 漢字項目

精選版 日本国語大辞典の解説

〘他ラ五(四)〙 目や口をふさぐ。閉じる。つむる。
※置炬燵(1890)〈斎藤緑雨〉中「壁に向ふて眼をつぶる」
〘他ラ五(四)〙
① 目をふさぐ。閉じる。つぶる。
※雲は天才である(1906)〈石川啄木〉二「呼吸もつかずに目を瞑(ツム)る」
② 口を閉じる。つぐむ。
※一九二八・三・一五(1928)〈小林多喜二〉七「その労働者は口をつむんでしまった」
〘自サ変〙 めい・す 〘自サ変〙
① 目を閉じる。目をつぶる。また、ねむる。
※黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「寡言の三郎は〈略〉盲の如く瞑(メイ)した」
② 安らかに死ぬ。往生する。
※うつせみ(1895)〈樋口一葉〉四「彼れは快よく瞑(メイ)する事が出来る」
〘自サ変〙 ⇒めいする(瞑)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瞑の関連情報