冥冥/瞑瞑(読み)メイメイ

デジタル大辞泉の解説

めい‐めい【冥冥/××瞑】

[ト・タル][文][形動タリ]
暗いさま。「―たる闇」
「大雪海を圧して来り、航路―」〈独歩・愛弟通信〉
事情がはっきりせず、見通しの立たないさま。「行く先遠く―とした思い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みょうみょう【冥冥】

( 形動タリ )
暗いさま。 「 -として人もなく/平家 2

めいめい【冥冥】

( トタル ) [文] 形動タリ 
暗いさま。暗くて見分けがつかないさま。 「 -として咫尺しせきも分らぬ昏闇くらやみ/薄命のすず子 お室
奥深く遠いさま。 「黄泉-として往きて返るなし/ひとりね」
( 形動 ) [文] ナリ 
に同じ。 「効能は-なるが如きも実は甚だ顕著/日本風景論 重昂
[句項目] 冥冥の裡

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android