矢でも鉄砲でも持って来い(読み)ヤデモテッポウデモモッテコイ

デジタル大辞泉の解説

矢(や)でも鉄砲(てっぽう)でも持(も)って来(こ)い

どんな手段を使ってもかまわないからかかってこい。を据えた場合や半分やけになった場合などに発する言葉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やでもてっぽうでももってこい【矢でも鉄砲でも持って来い】

どんな手段で攻められても受けて立つ。固い決意で事に当たる時や自暴自棄の時などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

や【矢】 でも 鉄砲(てっぽう)でも持(も)って来(こ)

相手が自分を攻撃するのに、どんな手段を使ってでも攻めてこい。多く、胆をすえて物事に対処する際、または半ば捨てばちな気持になっているときに用いる語。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「矢(ヤ)でも鉄砲(テッパウ)でももってこい、おそれるのじゃアねへはへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android