コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢島鶴子 やじま つるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢島鶴子 やじま-つるこ

1798-1853 江戸時代後期の女性。
寛政10年3月1日生まれ。肥後(熊本県)益城(ましき)郡の惣庄屋矢島直明の妻で2男7女の母。子供には竹崎茶堂の妻順子,徳富蘇峰(そほう)・蘆花(ろか)の母久子,横井小楠(しょうなん)の妻つせ子,女子教育・社会運動家の矢島楫子(かじこ)らがいる。嘉永(かえい)6年5月21日死去。56歳。本姓は三村。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

矢島鶴子の関連キーワードヘルウェティア共和国聖地管理問題徳川家慶ゴルチャコフフェリス目黒道琢オファイトアラブ文学ケンタッキー・バージニア決議アイルランド反乱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android