矢島鶴子(読み)やじま つるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢島鶴子 やじま-つるこ

1798-1853 江戸時代後期の女性。
寛政10年3月1日生まれ。肥後(熊本県)益城(ましき)郡の惣庄屋矢島直明の妻で2男7女の母。子供には竹崎茶堂の妻順子,徳富蘇峰(そほう)・蘆花(ろか)の母久子,横井小楠(しょうなん)の妻つせ子,女子教育・社会運動家の矢島楫子(かじこ)らがいる。嘉永(かえい)6年5月21日死去。56歳。本姓は三村。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android