コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢川澄子 やがわ すみこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢川澄子 やがわ-すみこ

1930-2002 昭和後期-平成時代の小説家,詩人。
昭和5年7月27日生まれ。渋沢竜彦と離婚後,44年ごろから創作活動にはいり,短編集「架空の庭」でデビュー。また美術書や児童書の翻訳も手がけ,おおくの訳書がある。平成14年5月29日自殺。71歳。東京出身。東京女子・学習院大卒,東大中退。詩集に「ことばの国のアリス」,評論集に「反少女の灰皿」,翻訳にエンデ「サーカス物語」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

矢川澄子の関連キーワードホッケ(Gustav René Hocke)ヒューズ(Richard Hughes)ふしぎの国のアリスルイス・キャロル矢川 澄子ブリュノフ種村季弘ハイジ小説家詩人